このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

クリナップグループ製品安全自主行動指針

「株式会社クリナップ ステンレス加工センター(以下、当社といいます)はクリナップグループの一員として、お客様に安全で安心してご使用いただける製品を提供し、安全・安心な社会を構築するという社会的責任を果たすことが経営上の重要課題であるとの認識のもと、次に掲げるクリナップグループの製品安全自主行動指針に準じ製品安全の確保に取り組みます。」




1.法令順守
当社グループは、消費生活用製品安全法の他、製品安全に関する法令や安全基準を順守します。
2.製品安全確保のための体制管理
1)リスク管理体制の整備
(1) 当社グループは、製品開発の適切な段階で製品の使用、取付・設置及び修理で予測されるリスクを抽出し、評価し、低減することにより、お客様に安心してご使用いただける製品をご提供します。
(2) 当社グループは、製品の品質基準や安全性レベルを満たす方法による取付・設置及び修理を実施致します。
(3) 当社グループは、製品安全の確保のために必要な以下の手続きを社内規程類にとりまとめ、維持します。
製品開発・設計に関する規程
製造工程管理、検査、不適合品管理に関する規程
原材料や部材の調達先及び外注先の管理、情報共有に関する規程
取付・設置及び修理の方法、手順
事故発生時の報告及び苦情対応に関する規程
製品回収に関する規程
(4) 当社グループは、製品安全のために社内の部署を横断的に指示できる権限を有する組織として、クリナップ株式会社にお客様本部を設置します。
(5) 当社グループは、取扱説明書、警告ラベル、Webサイト、カタログ等の情報伝達ツールやサポートプログラムSmile20の推進活動を通じて、お客様に対して製品の正しい使い方を啓発、周知するとともに、製品の誤使用に関する情報提供を行い、製品安全文化の定着を推進します。
(6) 当社グループは、あらゆる機会を通じて、グループ社員に対して関連法令、社内規程に関する教育を実施し、製品安全を確保するための必要な知識や技能の向上に努めます。
(7) 当社グループは、本製品安全自主行動指針が有効に機能していることを定期的に監査することにより、製品安全推進体制の継続的な改善を図ります。
2)情報の収集・伝達・開示等の取組
(1) 当社グループは、製品事故等の情報受付窓口を設置し、社内及びお客様、販売店様等から広く情報を収集します。
(2) 当社グループは、社内における製品事故等の情報の伝達体制を整備し、製品事故等の情報を受け付けた場合は、社内規程に定められた手順により速やかにトップマネジメントまで情報を伝達します。
(3) 当社グループは、製品事故等の情報をお客様や販売店様、および取付・設置業者等の取引先に対して迅速かつ適切に開示する体制を構築し、実施します。
(4) 当社グループは、製品事故等の情報を販売店様等との取引先と共有し、共用できるような体制を整備し、実施します。
(5) 当社グループは、関係法令に基づき、重大製品事故が発生した場合、法令の定める期間内において迅速に関係官庁へ報告します。
3.製品回収等の取組
(1) 当社グループは、販売店様との協力のもと、実効性のある製品回収体制を整備します。
(2) )当社グループは、重大製品事故が発生した場合には、お客様の安全確保を最優先とし、必要と判断した場合は迅速に製品回収等の処置を実施します。
(3) 当社グループは、社内の品質保証体制に則り、製品事故等の情報を関係部署へフィードバックし、製品の改良、警告ラベル、取扱説明書の改訂、並びに取付・設置及び修理方法の見直しを行うことにより、継続的に製品事故等の再発防止に努めます。
 



以上
制定日 2008年4月7日
株式会社クリナップ ステンレス加工センター
代表取締役社長 松澤 秀典


サイトマップサイトのご利用条件個人番号及び特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針個人情報の保護方針クリナップグループ製品安全自主行動指針
カタログPDFダウンロード
Copyright © 2011 Cleanup Corporation. All Rights Reserved.