このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

加工技術(素材選定)

ステンレス素材の選定
ステンレスのベース素材を何にするか?
表面の仕上げを変えることで異なる質感や色調を表現します。

母材を目の細かい砥石で磨き、表面を鏡のようになめらかにする仕上げです。反射率は5タイプの中で、もっとも高く、色調は比較的明るく鮮やかに映ります。主に装飾用建材に使われている仕上げです。
平行な砥粒線を細かく髪の毛のようにつけた仕上げです。色調は落ち着いた重厚な雰囲気。主に建材用として幅広く使用されています。
ステンレスを薄く延ばした(冷間圧延)後、つや出しロールで、軽く加工(冷間加工)した、比較的光沢感のある表面仕上げです。主に装飾品や家庭用品に使われています。
ブライトアニールの表面に、布やすりで無作為に細かい砥粒線をつけたものです。ステンレスのシャープな印象を和らげ、目の粗さによって光沢感の調節もできます。内装建材や装飾用建材に主に使われています。(注1)
ブライトアニールの表面に、微細なガラス球を圧縮空気とともに吹き付け、細かい打痕を付けたものです。ガラス球の種類によって表面の粗さが調節できます。内装建材などに用いられます。(注1)
(注1)バイブレーションとショットブラストはスーパーブラックのみの加工となります。

>>ステンレスアートを見る→

サイトマップサイトのご利用条件個人番号及び特定個人情報の適正な取り扱いに関する基本方針個人情報の保護方針クリナップグループ製品安全自主行動指針
カタログPDFダウンロード
Copyright © 2011 Cleanup Corporation. All Rights Reserved.